不動産の買い替え、住み替え

不動産を「売る」のと「買う」のはどっちが先がいいのか

住まいの買い替えを行なう場合、「ご売却」と「ご購入」のタイミングが重要です。


同時に行なえるのがベストですが、現実にはなかなか難しいものです。

そこで、売却先行タイプ、購入先行タイプ、それぞれのメリット・デメリットを

比較したものをご紹介します。    

住んでいる家を先に売る!

いわゆる『売買先行タイプ』

まずお住まいの売却を行ない、予算(資金計画)を確定させてから、新しい購入物件を探す方法です。
購入物件が特定されていない場合は、安心で確実な方法です。 

メリット

①売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすくなります。

 

② 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などの面でもある程度余裕を持って進めらます。また、たとえ買い替えを中断したとしても住む家は残ります。

デメリット

①売却が決まれば、買主に物件を引き渡す日までに、新しいお住まいを探さなければいけません。

 

② ご購入の物件がなかなか決まらないと、仮住まいをする必要が出てきますので、出費が増します。

新しい家を先に買う!

購入物件を先に買い売却する『購入先行タイプ』

 

はじめに購入物件を決めてから売却を行なう方法です。売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕のある場合には有効といえます。 

メリット

① ご希望の条件にあった購入物件を、気長にじっくり探すことができます。

 

② 仮住まいなどの余計な費用がかからず、引渡し・引越しもスムーズにできます。

デメリット

① 新しい家の取得までに今までのお住まいを売却できない場合、ダブルローンになってしまうこともあります。

 

② なかなか売却できない場合、どうしても売り焦って、買主に主導権を握られてしまい希望額より低くなってしまう事もあります。

成功するコツとは

買い替えを成功させるには、

「住まいがいくらで売れるのか」「手元に残るのはいくらか(売却残金)」「残債が残る場合、資金の用意が可能か、あるいはローンが組めるか」「自己資金をいくら用意できるか」など、ご自身の資金状況を正しく把握することが大切です。


三池不動産は、そんなお客様のよりよい買い替えのために、的確なアドバイスと心のこもったお手伝いをさせていただきます。

どうぞお気兼ねなく気になった点は何なりとご相談ください!