「不動産の買い時」とは?

よく言われる「不動産の買い時」とはいつなのでしょうか? 「いい物件があればすぐに買う!」「やっぱり頭金を貯めてから買う方が・・・」など、なかなか悩ましい問題です。住宅購入は人生の一大事、不動産売買は一般の方がそう何度も経験するものではありません。よくお客様から聞かれることに「やはり頭金を貯めてから買った方がいいのか?」があります。

頭金があるのであれば、入れるに越したことはないと私は思いますが、トータルの支払う金額で損得を考えた場合、購入するなら少しでも急いだ方がいいのか、できる限り頭金を多くするためにじっくりと貯めてから買った方がいいのか、気になるところです。

判断材料の一つとして、今後の金利水準や物件価格の動向があります。大きくまとめると、以下のような感じです。

金利水準と物件価格の水準

① 金利水準や物件価格の水準が今後余り変わらない
→ どうせ買うなら早めがいい

② 金利水準や物件価格の水準が今後上昇していく場合
→ どうせ買うなら早めがいい

③ 金利水準や物件価格の水準が今後下降していく場合
→ じっくりと頭金を貯めながら様子を見極めるべき

では①~③のどれなのでしょう?

しかし将来の金利水準や価格の動向はその時々の経済情勢に左右されるため、正直にいえば不透明なもの。一概にはいえない面が大きいのも事実です。
そこで実際のローン事例で、具体的な例を上げて見てみましょう。

【A.今すぐ買う場合のシミュレーション】

Mさん 25才。3,000万円のローン(諸費用含む)を組んで物件購入を検討したとします。

・頭金0円
・35年ローン
・金利は年間固定で3%

だったとします。

その場合ざっくりとした月々の支払いは、

7.75万円、年間93万円、

総支払額は 3,255万円 となります。

【B.頭金を貯める場合のシミュレーション】

Hさん 30才。3,000万円の物件購入をするとして、頭金300万円を3年かけて貯めます。

この3年間の家賃は、5万円の賃貸で単純計算して180万円。

・頭金300万円
・35年ローン
・金利は年間固定で3%

だったとします。

月々の支払いは

6.75万円、年間81万円

ローン自体の支払いは 3,015万円。

しかし頭金を貯めている間の家賃が180万円なので

総支払額は3,195万円となります。

結局どちらがいいのか?

結果、今回の例では、およそ60万円の差額となります。

ただ所有不動産には固定資産税もあり、もっと綿密に計算すると必ずしもこの限りではありません。また家を買うということは家のメンテナンス費用なども当然かかってきます。こう言った点も考えてご自身に合った、ローン方法を取るのも大切なことです。

必ずしもどちらが良いとは言えません、ですが一長一短ある資金の借入には、価値観、人生計画、資産との相対的なバランスが取れた、お客様に合った返済方法があるはずです。

当社では、こう言ったご相談も随時賜わります! もちろん秘密厳守ですのでご安心ください。

数ある不動産会社の中の一つとして「熊本の不動産購入に関することなら三池不動産」へのご相談もぜひご検討ください。
お問い合わせはお気軽にどうぞ!